3.圧縮ファイルについて

2015年6月





インターネットに配置されている、フリーのソフトがたくさんありますが、以前までの、インターネットが今ほど、一般的ではなかった時代(おおよそ西暦2000年未満?)当時は数多くのファイルを登録している、いくつかの会社があって、個人は、その会社までパソコンで電話をかけて、会社のファイルを登録してあるコンピューターまで、電話でアナログ通信を行い、必要なファイルを入手するという、今から考えると、かなり”シチ面倒クサイ”儀式を経て目的のファイルを入手するという作業が一般的でした。

時は流れて、2015年代・・・。かなり不思議な作法が、今もなお特にOSで、少し残っているような気がします。フリーのソフトが保管してある、サーバーなんですが、プログラムファイル1つは、それぞれ4つとか9つとかの、数種類のいろいろなファイルから構成されますが、ここで気になるのが、圧縮という概念です。これは昔アナログ通信をやっていた時に、通信時間(電話代)を節約する為にちょうどいいと考えられていた概念なんですが、OSにもいまだに数多くこの概念が残存しているようです。

変化の激しいパソコンの世界ですが、2015年代では、プログラム本体は、ネット上のインターネットのサーバーに入ってて、利用者はその会社とかインターネットのサーバーにアクセスしてプログラムを実行するというスタイルに変化しました。

少し乱暴な言い方かもしれませんが、インターネットは革命だとおもいます。これは、たぶん昔に、エジソンが電気を使った物を考案したり、ヨーロッパで内燃機関が発明されたような・・・。何はともあれ、インターネットショッピングいいっすね!24時間営業、年中無休、家でコーヒー飲みながら、お気楽注文! inserted by FC2 system



カウンター by 
 無料の画像カウンターはシンプルカウンター



↑ これは、個人ページの1部分なので、メインページを表示するボタンです。 inserted by FC2 system



  ↑Thank You Watching