40.USBメモリーでのWINDOWS8起動について



私が最初に、思ったのが、パソコンで認識する2Tのハードディスク¥7300とかで、ネット通販で売ってるUSBメモリー¥1300なんで、自分→USBメモリーでOS起動してしまえ〜!!!ということでした。


私の利用しているWINDOWSでは、WIN TO GOという、OSでサポートしている、OSをUSBメモリーにインストールする機能が使えないのでした・・・。で、私は、パソコンで認識する空ハードディスクを¥7500とかで購入し、なおかつ、ネット通販で¥2000とかでOSが保存できる32GのUSBメモリーを購入し、OSだけインストールしたハ−ドディスクを32GのUSBメモリーにコピーするという、何か、めんどくさい手段に出たのでした。

いろいろと、あーでもない、こーでもない、と試行錯誤を重ねて、海外のソフト(ダウンロードとか、大変!)を利用し、USB起動できるOS入りのUSBメモリーを作成しました!がっ!!!テストで、起動させたら、何という事でしょう!(超動作が遅いではないですか!)WINDOWSは動作中絶えずスワップファイルを読み書きしているようですが、これが障害となり、OS動作が極端に遅くなっているではないですか!


結論として、いえるのは、USBメモリーは極端に書き込み?に時間がかかるので、OSを動作させるには、ハードディスクが(良)という、まあ、ありふれた、当たり前の結論に至ったのでした。(USBメモリーで、安価に、さくさくパソコンというモクロミ、撃沈!)

カウンター by 
 無料の画像カウンターはシンプルカウンター





↑ これは、個人ページの1部分なので、メインページを表示するボタンです。 inserted by FC2 system