74.自動車のバッテリーについて







私は、必ず週1で自動車を使用しているんですが。走行時間が短い、いわゆるチョイ乗りで、毎週エンジンかけて→5分とか走行して、エンジン切のくり返しで、心配性な私は、自動車のダイナモでは、バッテリにチャージできないのでは?と思い。家庭のコンセント(AC100V)から(DC12V)にチャージを毎月行って、毎月せっせこ、せっせこ、バッテリーを自動車から外し台車で、ゴロゴロ家まで運んで、コンセントからチャージして・・・。を10年以上おこなっていたのでした・・・。(充電時間何と5時間半!)

がっ!

先日、発見いたしました!(もー知っとるわい!←ガイヤの声!) 数あるバッテリーの中には、インジケーターなる確認窓があるバッテリーがある事を!

私は、Panasonicの社員ではございませんが、Panasonicのバッテリーを推奨する事になりますが、どうやら、Panasonicのバッテリーには、2016年現在装備されているようです。

まだあまり期間が経過していないので、断言はできませんが、どうやら、今までの一カ月では、インジケーターによると、良好(ブルー)です。

私の楽観的なモクロミでは、バッテリーはコンセントから充電しなくても大丈夫で、交換時期2年ごとに交換すればOK!のはず。ふふふ・・・。




余談

この本文を書いてから、1年強の期間が経過してから追伸した文なんですが・・・。

はるか前の学生時代に、自動車整備をやっていた、友人のコメントなんですが。

友人)→前な?ピットで仕事しとって?5時とかやったかなあ?
友人)→何か?目がしみて、おかしいなぁ?と思ったら、朝9時とかに、バッテリーをコンセントから充電しとって、それコンセンントから外すん忘れてて?

友人)→バッテリーん所いったら、バッテリーの中がぼこぼこ・・・。って泡立っててん! んでな?あっ!って思って、バッテリーにつないでる、ワニ口クリップ外したら、”ボカーーン!”いうて、ごっつい音がして、バッテリー爆発してん!

友人)→これ、そん時の傷やで→オデコを指さす。



友人は、過充電で発生したバッテリーの大量の水素ガスに、ワニ口クリップの火花を引火させてしまったのでした! (充電注意!)








アクセスカウンター




↑ これは、個人ページの1部分なので、タイトルページを表示するボタンです。 inserted by FC2 system



  ↑Thank You Watching