94.シリコングリースについて



94.シリコングリースについて




 パソコンを自作する際に、CPU上部とCPUファン裏側に塗る、シリコングリース(この物質は、白いネバネバしたクリーム状のもの)ですが、これが結構、クセモノで、いろいろあるんですが、このイマイチな点を箇条書きします。



●手についたら、セッケンで、洗ってもとれない!

●服についたら、とれない!



以上の点に困ったのですが、実は有効な打開策がありまして・・・。 それはですね?自動車整備用のブレーキクリ−ナーをスプレーすると、簡単におちてしまうのです。 当方は、このブレーキクリ−ナーを約20年前にカー用品店で購入したのですが、当時はブレークリーンという、呉社のものでした。成分が同じようなものであれば、何でもいいと思います。

打開策

●古いシリコングリースの剥離(ハクリ)には、自動車用のブレーキクリーナーを使う

●ポリエチレン製の使い捨て、半透明のビニール手袋を使用する



で、自分は、いつもパソコンを自作しているのですが、このシリコングリースは、使う量が、コーヒー豆1個分とかで、頻度も2-3年?という感じなので、大きいもの(チューブ入りのヤツ!)だと、使いきれずに、固まってしまうのです!注意点を、またもや箇条書きにします。

●シリコングリースは、大きいチューブに入ったものでなく、小さいビニールに入った使い切りの物をつかう!(固まる)

●CPU上部にグリースを塗る際は、分量約、コーヒー豆1個分が、適量!多すぎると、CPU下部に流れ出して通電不良を引き起こす!



カウンター by 
 無料の画像カウンターはシンプルカウンター

↑ これは、個人ページの1部分なので、メインページを表示するボタンです。 inserted by FC2 system